講習と試験内容

レベルV講習と試験内容

講習科目

@ゴルフ指導法の基礎,オンプレーンスイングの理論
A指導法:セットアップ
B指導法:さまざまなショット(ショートゲーム)
C指導法:パッティング
D指導法:オンプレーンスイングの指導
E指導法:ショットの誤りと矯正
F指導法:ビデオの撮影法、スイング解析手法
Gクラブフィッティングの基礎知識

試験科目

 試験科目はゴルフを指導する上で最低限必要とされる知識、指導技術、プレー、各種ショットの模範を示す能力を求めることを主眼としています。ラウンドテストにおいてはスコアを競うことを目的としていません。ほとんどの試験問題は世界共通です。

@ゴルフ規則テスト(合格点は100点満点の70点以上)
A指導法テストその1(合格基準は設問の70%以上)
  1.セットアップの指導法および実技テスト
  2.ロングゲームの実技テスト
  3.ショートゲームのテスト
B指導法テストその2(合格基準は設問の70%以上)
  1.さまざまな状況における指導法の実演テスト
  2.オンプレーンスイングの説明と実演
  3.ショットの誤りの発見と矯正
Cラウンドテスト
  基準ゴルフコース パー72 男性6,000ヤード以上 女性5,500ヤード以上

合格スコア

男性(49歳まで) 2ラウンド,グロス合計166ストローク以内
男性シニア(50〜59歳) 2ラウンド,グロス合計168ストローク以内
男性スーパーシニア(60〜69歳) 2ラウンド,グロス合計172ストローク以内
男性グランドシニア(70歳以上) 2ラウンド,グロス合計176ストローク以内
女性(49歳まで) 2ラウンド,グロス合計170ストローク以内
女性シニア(50〜59歳) 2ラウンド,グロス合計172ストローク以内
女性スーパーシニア(60歳以上) 2ラウンド,グロス合計176ストローク以内

試験と講習の期間

 会社などに勤務している方は一般的に連続して1週間の休暇をとりにくい環境にあることを配慮して、日本では試験と講習の期間を5日間に短縮しています。このため、練習ラウンドは2ラウンドとなっています。

申し込みについて

 開催予定日の約1ヶ月前で定員(8名〜10名)に達することが多くなっています。メールまたはファックスで早めに申し込んでくださるようお願いします。申込み受付開始は実施3ケ月前です。

レベルU講習と試験内容

講習科目

@ゴルフ指導法の基礎,オンプレーンスイングの理論
A受験者のスイングの検討と指導
B指導法:セットアップ
C指導法:さまざまなショット(ショートゲーム)
D指導法:パッティング
E指導法:ショットの誤りと矯正
F指導法:ビデオの撮影法、スイング解析手法
G指導法:ゴルフスイングの基本を教える方法

試験科目

 試験では初中級者のゴルファーを指導する上で最低限必要とされる知識、スイング理論と指導技術、各種ショットの指導技術について能力を検定します。ラウンドテストは行われません。

@指導法筆記テスト(合格点は100点満点の70点以上)
A指導法実技テスト(合格基準は設問の70%以上)
  1. セットアップの指導法テスト
  2. フルスイングの指導法テスト
  3. アプローチ,バンカーショットの指導法テスト
  4. パッティングの指導法テスト
  5. スイングの指導法テスト

レベルT受験資格と試験内容

講習科目

@ゴルフ指導法の基礎
A指導法:セットアップ
B指導法:ゴルフスイングの基本を教える方法(初級)
C指導法:ピッチショットとチップショット(ショートゲーム)
D指導法:ゴルフレッスンの進め方

試験科目

 法人会員のみが対象となります。USGTFの理念、指導方法を理解し、賛同していただくことを目的としていますので、試験は行われません。

 注:認定書は法人または団体に対して発行されますので、ご承知おきください。

レベルW講習と試験内容

 レベルWはUSGTF、WGTFに所属するプロ指導者として最高の資格であり、マスターとも呼ばれています。現在全世界に数百名のマスターがいます。受験資格と試験の内容は以下のとおりです。

受験資格

 USGTFレベルVの資格を取得してから2年以上を経過しており、人格、品性に置いて秀逸であり、現在USGTFティーチングプロとして優れた活動を行っている会員であること。

試験科目

1. ラウンドテスト

 男性約7000ヤード、パー72のコース(JGAコースレート71.0以上)で2日間 本部が指定するゴルフコースにおいて認定試験官立会いのもと実施します。合格スコアは2ラウンドとも男性79ストローク以内です。女性は6000ヤード以上パー72のコース(JGAコースレート71.0以上)で82ストローク以内が2ラウンドとなります。したがって初日のスコアが男性80ストローク以上、女性83ストローク以上であれば、その時点で不合格となります。ラウンドテストの合格者だけが、次の段階へ進むことができます。

2. 指導理論の発表

 受験者独自の指導理論を試験官の前で発表します。持ち時間15分。実際のレッスン状況をビデオ撮影して、収録ディスクを提出し、試験官の前で説明する方法を取ることもできます。DVDを使う場合は受験1ヶ月前までに事務局へ提出します。

3. 各種ショットのデモンストレーション試験

ショートゲーム:チップショット,ピッチショット,バンカーショット,パッティング
ロングゲーム
a グッドショット:ストレート,ドロー,フェード,インテンショナルハイ・ローボール
b プアーショット:トップ,ダフリ,フック,スライス,テンプラ

4. 筆記試験

 ゴルフ指導理論、スイングのメカニズム、ゴルフレッスンについて

5. 合格基準

 ラウンドテスト以外の試験(指導理論、デモンストレーション試験、筆記試験)は、すべて100点満点中75点以上で合格となります。


USGTFレベル別受験料(税込み)・年会費

@ レベルT
  152,000円・・2日間の講習、指導及び筆記試験

A レベルU
  203,000円・・3日間の講習、指導及び筆記・実技試験

B レベルV
  285,000円・・5日間の講習、指導及び筆記・実技試験

C レベルW
  152,000円

レベルUからレベルVへのアップグレード
  152,000円・・5日間の通常レベルV講習、指導及び筆記・実技試験。但しプレショット、オンプレーンスイング理論及びスイング解析の受講については免除されますので、自由参加となります。

年会費

 レベルTからレベルWまで、会員に登録された方は年会費を納めていただくことにより、会員資格を継続することができます。1月1日から12月31日までがUSGTFの年度となります。